<< 帰りの空港 / FAN CLUB LIVE TOUR 2012 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | Top ▲

w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2012 & LIVE TOUR 2012

 VISION FACTORYより

2012年のw-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2012 & LIVE TOUR 2012の開催が決定いたしました。

今回はw-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2012 & LIVE TOUR 2012 のチケット先行受付を同時に行います。
尚、FAN CLUB LIVE TOUR 2012のチケットはw-inds.day会員以外の方への販売はございません。
w-inds.day会員様へのご案内は4月上旬発送予定となっておりますので、今しばらく到着をお待ちください。

FAN CLUB LIVE TOUR 2012
今年のw-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2012は5月〜6月にかけて、アンプラグド的な構成でいつもと違ったLiveをお届けする予定です。
気になる開催場所ですが、札幌/仙台/東京/名古屋/大阪/福岡/他を予定しています。
正式なスケジュールは発表をお待ちください。

LIVE TOUR 2012
7月〜8月にかけて、仙台/ 埼玉/千葉/東京/神奈川/名古屋/大阪//福岡/他を予定しております。
こちらも正式なスケジュールは発表をお待ちください。

■w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2012 & LIVE TOUR 2012・チケット枚数制限等について

<w-inds. FAN CLUB LIVE TOUR 2012>
今回、枚数制限は会員お一人様につき全公演・各1枚とさせていただきます。
毎年、会員様以外の同伴者の参加をおこなってきましたが、非会員の同伴者が参加することによって会員の方が一人でも多く参加出来るようにする為、ご理解ください。
会員同士のお友達でチケットを一緒にご希望される場合は、代表者を決めて頂き、合計4名まで一緒にお申込をすることが出来ますのでご安心ください。
一緒に行かれるお友達が非会員の場合、入会手続きを4月8日(日)までに下記の方法にて行ってください。
尚、公演によっては抽選になることもございますので予めご了承ください。
万一、受付終了後、キャンセル等があった場合、2次受付として会員以外の同伴者分も含めた受付を行う予定です。

<w-inds. LIVE TOUR 2012>
枚数制限は会員お一人様、全公演・各4枚までとさせていただきます。
こちらは今までの先行受付同様ですのでご安心ください。

・・・・・・・・・・・
w-inds.day会員の方)
4月上旬に封書にてチケット先行受付の申込み方法等を記載したご案内を発送いたしますので今しばらくお待ちください。
発送日が決まりましたら、w-inds.dayマイページにてお知らせいたします。
先行案内がお手元に届かない場合は下記の未着受付期間内にw-inds.dayまでお電話にてご連絡くださるようお願いします。
住所変更のある方は、発送準備の都合上、誠に勝手ながら4月2日(月)23:59までにw-inds.dayマイページにて住所変更をお願いします。
※今回の案内発送対象者は会員期限が2012年4月以降の方となります。
※未着受付期間 2012年4月13日(金)・16日(月)

w-inds.day マイページ
https://vf-fc.jp/winds/

過去にw-inds.day会員だった方)
過去にw-inds.day会員で会員期限が終了している方は、過去の会員番号にて継続金¥4,000で会員再開できます。尚、会員証・継続特典のお渡しはありません。
お振込頂いた月より1年間の会員となり、会員休眠期間の郵送物等のお届けはありませんので予めご了承ください。
チケット受付に間に合う締切…2012年4月6日(金)当日消印有効

お手続きが完了しましたら、w-inds.dayマイページにて受付に必要なアクセス番号等も確認出来るようになりますが、先行案内がお手元に届かない場合は下記の未着受付期間内にw-inds.dayまでお電話にてご連絡くださるようお願いします。
※未着受付期間 2012年4月13日(金)・16日(月)

会員再開手続き方法はこちら



最初の文章の中にアンプラグド的な構成とありましたね。
アンプラグド的とはどんな意味なのかわからないおバカなので
調べてみたら・・・
、「プラグを抜いた」という意味で、電子・電気楽器が一般化した今日、
あえてピアノ、コントラバス、ドラムセットなどといった、
電子装置を使用しない楽器を使った演奏スタイルのこと。
全く電力を使用しないというわけではなく、コンサートでは会場の規模に応じて
聴衆にサービスするための放送設備を用いるのが一般的である。
それ以外のみの楽器を使用して演奏するスタイルをいう。
アコースティック音楽(Acoustic Music)とも言う。

まさに慶太君が企画してると言っていたLIVEですね。
どんなLIVEになるのかとても楽しみです♪

| ひとりごと | comments(0) | - | Top ▲

スポンサーサイト

| - | - | - | Top ▲

comment

name
mail
url
comments
Cookieに登録